マリンバ&ヴィブラフォン奏者山口真由子のWebSite

Tropical“M”Projectの1stCD発売です。

工場見学

webmaster
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
webmaster
ヴィブラフォン・マリンバ・打楽器プレーヤー。東京タワーとパンと四角いものがすきです。 演奏も、よくなるように導いていくのも、日々追求。おもしろい日常が送れればオーライ。 スケジュール・各種お問い合わせはリンクのHPかメールにてお願いします☺ ■mail:mail@mayuco3.com
詳しいプロフィールはこちら


斎藤楽器様の工房におじゃましたので、見学させて頂きましたー!

こちらはやがてヴィブラフォンの鍵盤になるという、裁断前の合金板たち。

☆゜・*:.。.mayuco .。.: *・゜・☆

超レアな4オクターブ+1/3(A-C)のヴィブラフォン!

こんな広い音域のヴィブラフォンは初めてみましたー!

やはり低音域の鍵盤の倍音を調節するのが難しかったそうです。

海外のプレイヤーの方などが試奏に訪れるそうです(^_^)

たしかに、普通のヴィブラフォンに物足りなさを感じている方にとっては、ぜひ試してみたいですよねー♪

パイプを作ってくださってます!

こちらの楽器はすべて手作業なので、たくさんの職人さんが丁寧に作って下さるからこそ、日本の楽器は質の良い楽器なんですね(´▽`)

まだ底が閉じられていない状態のパイプ。

鍵盤が乗る部分のパイプは底が閉じているので、全部筒抜けの状態を見られるのはレアです!



先ほどの合金板が裁断されて、鍵盤サイズになります。


こっちはマリンバ・シロフォンなどの木琴用鍵盤の乾燥棚。

ここで長ーい年月しっかり乾燥させてから、鍵盤として使用されます。


とにかく様々な工程ですごーく手が込んでいて、たくさんの職人さんのお力を頂いていると実感したので、ますます楽器を大事に使わなきゃなーと思いました。


工場見学、ココ何年か流行ってますので楽器工場見学もオススメです♪

本当に楽しかったです(^-^)

斎藤楽器の皆様、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
webmaster
ヴィブラフォン・マリンバ・打楽器プレーヤー。東京タワーとパンと四角いものがすきです。 演奏も、よくなるように導いていくのも、日々追求。おもしろい日常が送れればオーライ。 スケジュール・各種お問い合わせはリンクのHPかメールにてお願いします☺ ■mail:mail@mayuco3.com
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mayuco Yamaguchi Website , 2012 All Rights Reserved.